未分類

『café Morrlü』再開記念!アイスランドモス・ティー限定発売!

投稿日:

 ご機嫌如何?ベニオです。ではございませんが、コロナで休業しておりまたカフェを再開することができました。

 これを記念して、アイスランドで古くから伝わっているアイスランドモス・ティーをカフェの時間(14:00-17:00)限定で発売いたします。

 アイスランド好き、ヴィンランド・サガ好き、北欧好きな方、またそうでない方もこの機会に是非お試しください。

 在庫が無くなり次第終了となります。

 また更に、アイスランドモス・ティーをお飲みになった方にアイスランドの国旗グッズをプレゼントいたします。こちらも在庫限りです。

アイスランドモス・ティー
BRENIViN(ブレニヴィン)RYE BREAD INFUSED / アクアヴィット
REYKA(レイカ) / ウォッカ
OLAFSSON(オラフソン)/ ジン
アイスランド国旗グッズ

アイスランドモス・ティー

Icelandic Moss Tea

 アイスランドモスはウメノキゴケ科に属する地衣類の一種です。特にアイスランドの北部・西部に広がる溶岩斜面・平野に生育しています。一見ではコケ類などにも似て見えますが、形態的に異なり構造は全く違うものになっています。しかし、コケ植物と生育環境など多くの共通点がある為、多くの言語において同一視されています。日本語でも地衣類の和名の多くが「○○ゴケ」となっています。

民俗と歴史

 アイスランド人は 874 年の入植以来、アイスランドモスを使用していると考えられています。アイスランドでのアイスランドモスの使用についての最初の言及は、1281 年の Jónsbók (法律書) にあり、「地衣類を採るために他の農場に侵入することは禁じられている」と述べています。

 アイスランドのサガには、「地衣類を採取するために、女性や子供が馬に乗って山に行き、大人の男性が一人ついて監視していた。」という記述もあります。彼らはテントで寝泊りし、皮袋に地衣類を詰めました。アイスランドモスは、困難な時代の救世主だったのです。気候・地形的に穀物栽培が盛んでなかったアイスランドでは、アイスランドモスを主食としていました。所有地にモスが生えれば生えるほど、土地の価値が高くなると考えられていました。 

利点

咳・風邪・気管支炎

 アイスランドモスに含まれる主な化合物は、リケニンと呼ばれる大量のデンプンです。この化合物を沸騰させると、粘液に似た物質に変化し、気道や鼻腔の内側を覆う炎症を起こした粘膜を特に落ち着かせます。また、免疫刺激効果のある複雑な多糖類も含まれており、特にカタルに対抗し、乾いた咳を鎮めるのに役立ちます.

 強力な抗生物質でもあり、バクテリアやウイルスと闘うウスニン酸やその他の地衣類酸を含んでいます。

消化器の健康

 アイスランドモスは苦いハーブに分類されます。消化酵素を刺激し、栄養素を吸収する体の能力を高めますが、それ自体が非常に栄養価の高い食品です。

 前述の高い粘液含有量は、消化管と腸で鎮静作用も発揮し、胃炎、胃潰瘍、慢性消化器障害の症状を緩和するのに役立ちます。また、腸内の寄生虫や他の寄生虫を穏やかに追い出す能力があるため、寄生虫によって引き起こされる消化器疾患の治療にも役立ちます。

伝統的な利用方法

 アイスランドモスは40種あるセトラリアのうちの1種で、人類が初めて食用にした地衣類と考えられています。何世紀にもわたり、ヨーロッパの民間療法で、主に咳や呼吸器系の病気の治療薬として使用されてきました。また、伝統的にガラクタゴーグ(母乳を与えている母親の乳汁分泌を促進するハーブ)としても使用されてきました。北半球の多くの高山地帯で生育していますが、最も有名なものは、アイスランドの古代溶岩地帯のミネラル豊富な火山性の土壌で汚染されていない空気の中生育したものです。

 栄養価の高い食材として知られ、アイスランドのモス資源を持つ農場では、毎年夏になると、地衣類の冬場の貯蔵分を確保するために人を派遣していました。地衣類は、アイスランドモス・ミルク、アイスランドモス粥、パン、内臓料理、お茶など、さまざまな方法で調理されました。アイスランドモスは、トナカイ、カリブー、ジャコウウシ、ヘラジカの貴重な食料であり、現在もなお、アイスランドモスは、トナカイ、カリブー、ジャコウウシ、ヘラジカの貴重な食料です。

代表的な使用

 アイスランドモスチンキ:

従来の摂取法: 2-3ml を 1 日 2-3 回、またはハーブ専門医の指示に従って摂取します。

 アイスランドモス・ティーは、カップ1杯の熱湯に、小さじ1~2杯のアイスランドモスを入れて作ります。蓋をして、10-15分ほど蒸らします。

成分

 アイスランドモスには約70%の地衣類または地衣類デンプンが含まれています。それは、タロクロールと呼ばれるクロロフィルが変形したもの、フマル酸、リケノステアリン酸、およびセトラリン酸(苦味を与える)を生成します。また、リケステリン酸とプロトリケステリン酸も含まれています。

使用上の注意

 アイスランドモスは一般的に安全とされていますが、過剰摂取や長期の使用により、吐き気、腸の緩み、胃の炎症、肝臓の問題などを引き起こす可能性があります。

 処方箋を服用中の方は、アイスランドモスを摂取する前に、かかりつけの医師にご相談ください。

※参照「Indigo Herbs」

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

手紙

親愛なる君へ   昨日のこと 僕はいつも通りお父さんがやっているお店の手伝いをしていたんだ そのお店は、海岸近くの平原に建っている小さな一軒家なんだけど、昼時にはお店が満員になるくらいの評判 …

Café Morrlü

神楽坂の秘境に佇むコワーキングスペース 営業日 平日 営業時間 12:00‐18:00 料金 カウンター席×3、テーブル席×4 1,000円    ソファー席 2,000円 席予約可能 カウンター席  …

アイスランド特集

オープン記念として秘蔵のアイスランドのお酒を提供!基本的に各種一本限りですので無くなり次第終了です。

エイジング塗装

始め。工事終了後のそのままの状態。 だんだん変化して来ました。 完成。

ウェブマガジン『今宵、神楽坂で』終了しました。

 昨年4月に神楽坂にある11軒のバーで行った『SAVE BARS IN KAGURAZAKA』(クラウドファンディング)のお返しの一つとして『今宵、神楽坂で』というウェブマガジンを発行しておりましたが …