お酒・食べ物

タイのお酒たい

投稿日:2018年6月30日 更新日:

梅雨が明けてしまいました。
しとしとと降る雨を窓から眺めているのが好きだったのですが、ちょっぴり残念。

さて、タイのお酒を入荷しました。
先日ご紹介した『メコンを下る』を読みながら飲みたいですね。

Mekhong

先ずは皆さんよくご存じのメコン。その名の通りメコン川から名付けられています。
ウィスキーとして知られておりますが、ラムです。
1930年に輸入ウィスキー量を減らすため、政府が国産スピリッツを製造開始。
1941年にMekhongが生まれました。

https://www.mekhong.com/

SangSom

今現在、タイで一番人気と言われているのがセーンソム・スペシャルラムです。
1982、1983年(マドリッド)、2006年(バルセロナ)のお酒の大会で金牌を獲得しております。

 

PHRAYA

アジア唯一のタイの高級ラム酒プラッヤーです。厳選されたラムだけを使用。タイにて蒸留、熟成、ブレンド、瓶詰されております。東南アジアの湿度の高い気候に合わせて発展した熟成技術により、魅惑的でエキゾチックなテイストを生み出しています。

http://www.phrayarum.com/ 瓶がとってもお洒落ですね。

-お酒・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイスランドモス

オーロラ茶に続き、もう一つアイスランドのハーブが入りました。 オーロラ茶の中にも入っている『アイスランドモス』です。アイスランドモスで検索すると出てくるインテリア用のものとは違います。色や形はもう本当 …

令和の梅酒

令和元年の記念ということで、いろいろなお酒を梅酒にしてみました。 今回は、梅ウォッカ、梅テキーラ、梅ジン、梅ラム、梅バーボンの五種。梅ラムは前回好評だったので問題ないとは思いますが、他はどうなるのか。 …

ソビエト連邦崩壊28周年特集

昨晩はシベリアからの雪がかなり冷たい夜になりました。昨年の早稲田大学探検部のカムチャツカ遠征と絡めた訳ではございませんが、今回は『ソビエト連邦崩壊28周年特集』を2/11 14:00より行います。音楽 …

カンボジアの地雷原より

早いもので2018年も残すところあと1か月となってしまいました。 やれることは何とか今年中にやり切りたいものです。 さて、今回はアンコールワットでも知られるカンボジア王国のお酒です。 SORA KHM …

気まぐれ鍋

冬と言えば鍋でしょうか。寒い冬にぴったり。通常の店は2人前からですが、当店では1人前より承ります。気まぐれですので、ない時もあります。 仕事帰りにぴったり。 食べる前に写真を撮るべきでした。