お酒・食べ物

LINIE

投稿日:2020年1月23日 更新日:

 北欧シリーズ第二弾。今回は南極探検で誰もが知っているアムンゼンの国、ノルウェーのお酒です。

 アクアビット(Aquavit)は、北欧諸国の特産品である「じゃがいもを主原料とした蒸留酒」です。
その名の由来は、ラテン語の「アクア・ヴィテ(生命の水)」からきています。

 LINIE(リニア)のアクアヴィットは北欧のハーブとスパイスを特別なレシピに従ってブレンドし蒸留、製造。 スペインのオロロソシェリー樽に入れられ、さらに熟成させるために世界中の海の旅へと出発します。

 1805年、Lysholm familyがノルウェーから東アジアへ、シェリー樽に詰めたアクアヴィット5樽を含む物品を積んだ船を送りました。 しかし、そのアクアヴィットは売れませんでした。 様々な気候条件の中、波に揺られ赤道(リニア)越えの航海から戻ってくると、風味が向上していたのです。 現在でもその製法を忠実に守り、蒸留したアクアヴィットを5~10年のシェリー樽に詰め、オーストラリアまで航海させて製品化しています。 ラベルの裏には使用された船名、航海期間が記録されています。

テイスティングノート

色:明るい琥珀
鼻:キャラウェイ、アニス、オレンジの皮の魅力的な組み合わせがアロマで際立っており、続いて繊細なバニラの香りが続きます。
口蓋:オークはキャラウェイやアニスと組み合わされて非常に複雑になりますが、古いシェリーの香りは豊かでバランスの取れた風味を与えます。
後味:スパイスとシェリーの余韻がよく構成され、数分間残る。

 リニア・アクアビットの製造元である『アルカス社』は、1996年までノルウェイ王国国営で、現在も王室御用達の蒸留酒です。
 LINIE Aquavitのオリジナルのレシピは、200年以上前に作成されて以来、今も変わっていません。

-お酒・食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アイスランド特集(補足1)

昨日のW杯、アルゼンチンのメッシは不発で残念でしたが、アイスランドがなんと同点で勝ち点を上げました。この流れに乗って此方のアイスランド特集も盛り上がりたいところ。そこでご用意したお酒の紹介をさせて頂き …

ジャマイカと杏の出会い

雨が降りそうで降らない天気が続いております。 ジャマイカのダークラムと杏を漬けてみました。 メダカは元気に泳いでおります。

スリランカ密林遺跡探査隊特集

これまでにお知らせしていた『スリランカ密林遺跡探査隊』ですが、見事密林の中に埋もれていた遺跡を発見。 その遺跡の中で眠っていたお宝を持ち帰って来ました。 アラック=椰子酒 EXTRA SPECIAL …

TEA Pomegranate

非常に過ごし易い日が続いております。秘境の草木も既にこの通り。新緑が気持ちいいです。 さて、最近はお茶がブームなのか、『ルワンダ紅茶』に続き、トルコ探検に行っていた宮澤さんが、『ザクロ茶』なるものを発 …

雲南名物 過橋米線

ご機嫌いかが?紅緒です。ではありませんが、大分暖かくなってきました。暖かくなってきたので更にもう一品追加です。 名前の由来 雲南省南部蒙自県の南湖に小さな島があり、科挙の試験を受ける書生が集中して勉強 …